DARN's Break Time!!

現地レポを中心に好きなことを感じたままに語るDARN's 趣味ブログ!!

ど素人によるドラフト回想【ドラフト会議2022 中日ドラゴンズ】

今年もこの時期かーーーーー!

秋、到来!ヽ(*'▽'*)ノ

 

こんばんは!DARNです!

今年もこの時期が来ました!ドラフト会議!

ということで、我が贔屓球団中日ドラゴンズのドラフト指名予想を今年も行っていきたいと思います!!

f:id:DARN_tonight545:20221018182701p:image

ここ2年、ドラフト大好き芸人と化すかのように漁るようになった私ですが、まだ全くもって有識者の皆様には近づけないです……

が、好きなので好きなので(大事なことは2回言う)、やりまーーーす!!!

今回も、有識者の方々の声を中心に、記事などを参考に、竜党界隈で声の上がる選手から考えてきましたー( ´ ▽ ` )ノ

今年は、とにかく気になる選手をあげまくりました!とても長くなりましたが……最後までお付き合いいただけると嬉しいです(*^ ^*)

 

ーーーーーーー

ーーーーーーー

 

ドラフト2021&2022シーズンの振り返り

まずは昨年のドラフトから。

昨年は、公表通り上武大のブライト健太外野手を1位指名し、単独で獲得することができました!続いて2位には、駒沢大学鵜飼航丞外野手を指名。ここは驚きましたね!上位での野手連続指名はかなり久しぶり!やはり、昨年の予想でも指摘した通り、これこそが現状を表すものということですね。

3位には、九州リーグ・火の国サラマンダーズの石森大誠投手を指名。速球派の左腕リリーバーは、前回の指名ポイントであったので、かなり嬉しかったですね

4位は花咲徳栄味谷大誠捕手。県岐の高木捕手(広島7位)や京都国際の中川捕手(阪神7位)が界隈での注目選手であったうえに、指名段階では、智辯学園の前川外野手(阪神4位)や、名電の田村外野手(広島4位)も残っていただけに、かなり驚きでした。そういや3位4位と「大誠」を指名したのかw

地元枠である5位には、豊橋中央の星野真生内野手を指名。ここは例年通りの地元選手指名でしたね~

6位は、"お得意様"大阪商業大の福元悠真外野手。こちらもバワーのある右打ち外野手。なんと予想した通りに「外野手3名指名」となったのでした!!めちゃびっくりでした……。

ーーー[ 昨年の予想はこちら ]ーーー

darn-tonight545.hatenadiary.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

6名の指名で終わったドラフト会議。そこから迎えた今シーズン、立浪新監督のもと一丸となって勝利を掴みにいきましたが、思った補強ができず、結果6位で終わってしまいました。

しかし、岡林選手が最多安打、ライデル・マルティネス投手が最多セーブ、ジャリエル・ロドリゲス投手が最優秀中継ぎのタイトルを受賞!大島選手も最後の最後まで首位打者争いを繰り広げましたし、高橋宏斗投手も規定投球回に満たないながらリーグ3位の奪三振数を記録!

チーム自体も、最下位チームとしては過去3番目に高い勝率でのフィニッシュとなっており、そこまで悲観するものでもないのかなとは思います(´・ω・`)

ただ……今年は、チームの勝利とは違う所で、各所をお騒がせしてしまったドラゴンズ……。来年は、ぜひ「勝利」「好調」など見ていて楽しいワードで盛り上げていただきたいです。

 

ドラフト指名に向けて

さて、ドラフトの観点に話を戻しましょう。

今シーズンのドラゴンズは、昨年同様に得点数、本塁打数において12球団ワーストを記録してしまいました。そのため、得点力の増強にむけた指名は必須です。

ただ得点力といっても、今年話題の「単打」に関しては打てる選手は多く、チーム打率自体はリーグ4位の.247で、他球団とあまり変わらない成績に。シーズン中もよく話に上がった「思いっきり」のよいスイングができる選手が入るとよいなと思います。

 

先発陣に関しては、大野投手や柳投手が思うように成績を残せないなか、小笠原投手が2桁10勝をマーク。髙橋宏斗投手が中10日ローテで1年回りきり、育成からは上田投手が台頭してきました。

リリーフ陣では、リリーフへ転向したジャリエル・ロドリゲス投手とライデル・マルティネス投手の8回9回は鉄壁の布陣。藤嶋投手や清水投手ら若手の安定感も万全。ここに谷元投手らベテラン勢の経験値が加わることで、今年も12球団のなかで1,2を争う投手力をもつチームとなりました。

強いて今年の補強ポイントをあげるとすれば、やはり左腕投手(特にリリーフ)。大野柳小笠原髙橋宏+松葉に加わる先発投手も補強したいです。

できれば、二軍でイニングを食える投手は確実に確保したいところ。今のドラゴンズであれば、二軍で実践経験を積みやすいため、素材型ロマン型の選手もありかもしれません。ただ、こちらも今年話題になった「身体が丈夫」な選手は少し重視したいですね…。

異例のシーズン途中での転向となった、根尾投手の今後のプランも気になるところです。

 

また、ドラフト指名選手は、シーズン序盤に鵜飼選手が持ち前のパワーを見せてくれたものの、長くチームの原動力となることはできませんでした……。長期的に見ての素材型選手が多かったということもありますが、チームの現状をすぐに解決してくれる能力を持った選手と、化ける可能性を秘めた選手との兼ね合いは考えなくてはいけないと思いました。

 

色々とお騒がせしたベンチについても、チームの雰囲気を変えられる選手も欲しいとこです。メンタルの強い選手は重宝される気がします。

 

 

竜党視点ドラフト展望

さて、私が考える指名プランの話に移りましょう!

今回もドラフト有識者の方々から声が多く上がる選手を中心に、ニュース記事やドラフトブログ情報、選手動画などを見て、ドラフト展望をまとめております!

f:id:DARN_tonight545:20221019170506j:image

▲ 今回もとてもお世話になった「野球太郎」。

 

1巡目

注目の1位指名ですが、こちらは中日スポーツで気になる内容が。

1位指名候補として中大・森下翔太外野手、東芝・吉村貢司郎投手、白鷗大・曽谷龍平投手、苫小牧中央の斉藤優汰投手、誉高・イヒネイツア内野手の5人をピックアップしたと明らかにした。

ー 10/6 中日スポーツ

基本線として、ここで名前のあがった5名の選手に加えて、1位指名確実な選手のなかからの選択になりそうです。5名+他5名とも。

このなかで、まず候補にあがるのは曽谷龍平投手(白鷗大)!リーグ戦で高い奪三振率を記録し、今年の左腕ではNO.1といえる存在です!侍ジャパンでも好成績を残した左腕は、12球団から注目される投手です!

次にあがるのは吉村貢司郎投手(東芝)!昨年も名前があがっていた投手で、大卒3年目ということもあり、今年即戦力投手ではNO.1の評価を受けています!!勝負球のフォークがスピードもありながらしっかりと落ちることで空振りを取ることができます!10月6日に行われたヤクルトとの練習試合では、3回を7奪三振無失点と好投を見せた1位指名有力の本格派右腕です。

地元愛知・誉高校のイヒネ・イツア内野手も注目の選手!生まれも育ちも愛知県のイヒネ内野手は、50m6秒2、遠投100m越えという高い身体能力を持ち、高校通算18HRを放っている打撃に加え守備も魅力のある選手。今年キレイな曲線を描いて評価をうなぎ登りさせた今押さえておきたい選手です!

また、監督の強い要望や視察からは、内藤鵬内野手(日本航空石川)や、森下翔太外野手(中央大)の名前もあがっています。16日より東京にいる立浪監督は、東京の大学リーグ戦を視察する模様。またここにきて小孫竜二投手(鷺宮製作所)の名前もあがってきました。当日までまだまだ分からず、今年は他球団を翻弄する存在となりそうです。

ただ……10月18日現在、6球団が1位指名選手を公表しており、上記5選手のなかでは、ソフトバンク(10/10)がイヒネ内野手、広島が(10/13)斉藤投手、オリックス(10/14)が曽谷投手を指名すると公表しました。他球団では、いち早く9月28日に巨人が浅野翔吾外野手(高松商業)、西武(10/11)が蛭間拓哉外野手(早稲田大)、日本ハム(10/11)が二刀流の矢澤宏太投手兼外野手(日本体育大)の指名を公表しています。

もし、候補選手の記事が中日球団の陽動作戦で、実際は内藤内野手をはじめとする他選手を指名にいったら、かなり策士です(´-ω-`)

競合もいとわないとのことなので、監督のくじ運にも期待しましょう(≧∇≦*)

 

外れ1位候補としては、ここまで出てきた選手に加え、150km/hの直球と抜群の制球力を併せ持つ金村尚真投手(富士大)や、高校通算54HRの長打力を持つ西村瑠伊斗外野手(京都外大西)、地元のパワーヒッター澤井廉外野手(中京大)、即戦力の呼び声高い吉野光樹投手(トヨタ自動車)らの名前があがります。

どのように動くにしろ、今年は「即戦力投手」か「振れる強打の野手」に行くこととなりそうです。ここでは内外野は気にせず、力のある選手に行きたいところです。

 

2巡目

残念ながら6位でシーズンを終えたドラゴンズ。6位でシーズンを終えることの良い点として唯一「ドラフト2巡目が早い」というのがあります。今年は14番目の指名を行うことができるため、当日の流れ次第では1位レベルの選手を指名することができる絶好の機会です!

今年の傾向として、飛び抜けた1位候補が少なく、それぞれの球団が抱える課題にあった選手の指名が続きそうです。そのため、かなりの高確率で思ったように指名ができそう。

特にここでは「即戦力レベルの二遊間」を指名に動きそうです。今年は大学の二遊間選手が豊富で、キャプテンも務めた友杉篤輝内野手(天理大)、攻守が光る田中幹也内野手(亜細亜大)、昨年から注目を集めるパワーを誇る山田健太内野手(立教大)が中心となりそうです。

他には、林琢真内野手(駒澤大)や、齋藤大輝内野手(法政大)村松開人内野手(明治大)なども候補にあがります。

社会人では、力強いフルスイングが魅力の平良竜哉内野手(NTT西日本)、守備に定評のある中山遥斗内野手(三菱重工East)が有力候補としてあがっています。

二遊間の補強が急務な千葉ロッテが友杉内野手や田中内野手を1位で指名するかも……ですが、指名できるとかなりの高評価。根尾選手と同学年で、注目を集め続けた山田内野手が来てくれると、とても嬉しいですが……今年は調子を落としているうえ、二塁手ではなく一塁手での出場が増えているため、現実的に可能性が高いのは友杉内野手かと思われます。

ここで二遊間(またはスラッガー)を指名しない場合、即戦力投手として都市対抗でチームを準優勝に導いた益田武尚投手(東京ガス)を指名したいですね!

 

3・4巡目

2巡目の指名から長い時間があけ、その間に20人の選手が指名を受けている3巡目!

毎年当日の指名の流れによってかなり傾向が変わります。左腕投手に指名が集まったり、注目野手が早く指名されたりと、当日まで分からないですが、ここも楽しみの一つです。

指名が近いため、3位と4位はまとめて考えます!ここでは、投手1・野手1を予定。優先度としては投手>野手ですが、1位2位が投手であれば野手優先になります。

まずは投手から。ここでも、経験値豊富な大学社会人投手を中心に考えたいところです。35番目の指名で可能性がある投手として、大学では、仲地礼亜投手(沖縄大)才木海翔投手(大阪経済大)、社会人では、林優樹投手(西濃運輸)などが候補としてあげられます。

仲地投手は残ってないかもなぁ……あの迫力あふれるピッチングは惚れるけど。スカウトのコメントも出ているので、残ってたら最高です( ´ ▽ ` )ノ

となると、林投手が魅力的。肘のケガもありましたが、最速147km/hを誇るクロスファイヤーと、遅いカーブやチェンジアップを織り交ぜた緩急あるピッチングで打者を翻弄する左腕。地元西濃運輸近江高校出身ということもあり、縁が多くある選手かと思います。

田中晴也投手(日本文理)や、山田陽翔投手(近江)森下瑠大投手(京都国際)川原嗣貴投手(大阪桐蔭)ら甲子園を沸かせた投手の指名もあるのではないでしょうか!甲子園総括では高評価のコメントを残しており、可能性は十分にあると思います!が、かなりのサプライズ指名にはなりそうですね。

また、地元静岡の安西叶翔投手(常葉大菊川)も名前が度々あがります。サイドスローに転向後、最速150km/hを出せるまでに覚醒した注目の右腕には、12球団から調査書が届いているようで、指名できるか気になるところです。

 

もう1名、野手では今年も捕手の指名がありそうです。育成での指名は少ないため、近年捕手を指名する4巡目での指名が予想されます。

今年は、松尾汐恩捕手(大阪桐蔭)がズバ抜けた評価を受けており、1位指名も噂されていいます。星かな…?もしかすると、ドラゴンズの4巡目(38番目)まで松尾捕手一人だけということも…?可能性あるのは、吉田賢吾捕手(桐蔭横浜大)か。

候補には、野口泰司捕手(名城大)立松由宇捕手(日本生命)石伊雄太捕手(近畿大工学部)山浅龍之介捕手(聖光学院)らがあがります。

このなかで、山浅捕手をピックアップ!2塁までの送球速度1.77秒を記録する強肩の持ち主で、バッティングも定評があります。

捕手については、現在レギュラーの木下拓哉選手が堅いですが、将来の正捕手候補はまだまだ足りない状況。石槗選手に次ぐ位置を、昨年4位指名の味谷選手と争って欲しいところです。

 

5巡目

恒例の"地元枠"である5巡目!単に地元選手を指名しているだけでなく、しっかり実績も残す選手が多いのもこの5巡目なのです。

ということで、今年も地元選手をピックアップ!

まずは、これまでも指名が続く高校生から!と行きたいところなのですが……。今年は予想以上に志望届を提出した東海圏の候補選手が少なく、難しいところ。

愛知県から志望届を出した高校生は、誉のイヒネ内野手と、愛工大名電山田空暉投手・内野手伊藤基佑外野手の3名のみ。このなかでは、投手が欲しいところなので山田投手はありそうですね。

準地元静岡県では、先程名前をあげた安西叶翔投手(常葉大菊川)も残っていれば指名したいところ。勝又琉偉内野手(富士宮東)もリストにはありそうです。

また大学社会人では、長谷部銀次投手(トヨタ自動車)も候補にあがります。力強いストレートを中心に、気迫あふれるピッチングでチームを支える左腕。リリーフ陣にさらに厚みを加えたいところです。1つ懸念点なのは、トヨタの選手が5位で入団してくれるかということ。様々な噂がありますが、同じトヨタ自動車出身の祖父江投手が5位で入団しているため、可能性は十分あると思います!地元の球団からの指名であれば、受け入れてくれると信じましょう。

現在日本代表として世界で戦っている富田蓮投手(三菱自動車岡崎)も候補に入ってくるでしょう。

地元以外では、森山暁生投手(阿南光)や、古賀康誠投手(下関国際)日高暖己投手(富島)米田天翼投手(市和歌山)らの高校生投手の名前もあがっています。変化球に定評があり、直球をさらに磨きたい選手が多く、ライデル・マルティネス投手が10km/h以上も速い球を投げることができるようになったような環境のあるドラゴンズでなら、輝きを放てるのではないでしょうか。

 

6巡目

昨年は福元選手を指名した6巡目。毎年"隠し玉"と言われる選手の指名が多いのですが、今年も"お得意様"な大阪商業大から!リーグ戦で圧巻の成績を残している伊原陵人投手を指名したいところ!ですが……伊原投手は縛りとの噂も?あるので見送ることに。指名があるとすれば、3位か4位であるものと思われます。

今年は投手中心に考えたく、伊原投手を見送るとなると、同年代では同じ関西の西隼人投手(関西学院大)や、木村光投手(佛教大)も気になるところ。

地元中京大の2投手、多彩な変化球を操る技巧派右腕漢人友也投手、3年秋にベストナインを獲得した最速151km/h右腕三浦大輝投手も考えたい選手です。

将来性豊かな高校生年代の投手では、5巡目で紹介した投手が候補になりそうです。

 

ここまでの指名によっては、充分野手の可能性もあるのではないかとは思います。今年3冠王となった村上宗隆選手の弟で、チームで4番を務める村上慶太内野手(九州学院)や、光る守備力のなか今年は打撃で魅せた黒田義信外野手(九州国際大附)、スケールの大きい打撃が魅力の前田一輝外野手(鳴門)らは候補になりそう。

また、2位で山田健太内野手を指名した場合は、ここで二遊間選手の指名もありそうですね。

いや、未知の可能性を秘めた久保修外野手(大阪観光大)や、今春最も脚光を浴びた打撃力が自慢の上崎彰吾外野手(東日本国際大)、50m5秒8の俊足を持つ三重高出身のスピードスター浦口輝外野手(駒沢大)なども、一芸枠・ロマン枠であげられる…?ライアンばりのフォームで投げ下ろす谷井一郎投手(明星大)も気になるし……。

もおおおおおキリがない!!!

本当にこの6巡目は頭を悩ます……Ҩ(´-ω-`) ここは、当日の指名の流れに合わせて流動的に動けるように、直前まで再度各所で行われた仮想ドラフトを見返そうかと思います……。

 

育成

毎日のようにドラフト候補選手を追っている方々、ホントすごいなあ…。どういうところが良いかも具体的に言えるし、分かりやすくてとても参考になります(。-ω-)

私はそんな方々の評価をもとに考えることしかできませんが、こうして予想が白熱する秋が好きです(^-^*)

ということで、育成枠は今年も私の中で目にとまった選手・地元注目選手をお話しようと思います!

 

まずは、独立リーグより、茶野篤政外野手(徳島インディゴソックス)!リーグで首位打者を獲得したヒットメーカー!さらにリーグ2位の盗塁数も記録するなど、俊足巧打で注目が集まる外野手です!高校は岐阜の中京高校とのこと!ぜひ来て欲しいですね〜(≧∇≦*)

今年は、徳島には指名候補選手が数多くおり、複数名の指名が高確率で叶いそうです!

 

今年は難関大学からも多くの志望届が出されています!

水口創太投手(京都大)は、194cm94kgの恵まれた体格から投げ下ろす152km/hの直球が魅力!地元名古屋大の本田健悟投手は、大学で20km/h上げた最速151km/hの直球が持ち味。今年春の愛知2部リーグでは、ハイレベルな2部で6勝0敗3完封という圧巻の内容を見せており、注目が集まっています。

優秀な頭脳を兼ね備えた選手は、ドラゴンズは重宝する傾向があるので、松田投手に続いていって欲しいと思います!

本当は育成で名前をあげる予定だった水口投手ですが、編集中だった16日に「支配下のみ」との宣言がありました。とても魅力的であるとともに、6位はかなり悩んでいたので、今回は6位に入れようと思います!!

 

 

 

DARN選出!2022ドラフト!!

 

ということで、

2022年ドラフト、DRAN選出はこちらです!!

 

1位  曽谷 龍平  投手 (白鴎大)

2位  友杉 篤輝  内野手 (天理大)

3位  林 優樹 投手 (西濃運輸)

4位  山浅 龍之介  捕手 (聖光学院)

5位  長谷部 銀次  投手 (トヨタ自動車)

6位  水口 創太  投手 (京都大)

育成1位  茶野 篤政  外野手 (徳島インディゴソックス)

育成2位  漢人 友也  投手 (中京大)

育成3位  本田 健悟  投手 (名古屋大)

 

今年はドラゴンズのドラフト関連情報がかなり出回っており、考えることがたくさんありすぎる……。書いてる今でも常に指名プランが揺れ動いています。

直前の今(10/18)では、即戦力投手→スラッガー村松林(二遊間)→投手・林長谷部 という流れが良いのでは?とも。

とにかくスケールの大きいバッターは欲しいので、6位には水口投手ではなく村上内野手や前田外野手もありです。

そのため、今年のドラフト予想は、とにかく気になる選手をいっぱいあげることを考えて書き上げました!そのせいで、とてもとても長くなってしまいましたが……。

ここまで超長文を読んでいただきありがとうございました!( ´ ▽ ` )ノ

当日はテレビの前にかじりついてその瞬間を候補選手かのように待っていたいと思いますww

 

ドラフトに関わるすべての方に幸が訪れますように。

 

   DARN                                              90(10336)

ーーー

【10/18】あげる直前に、1位は投手との報道がきました。また、候補は、吉村投手(東芝)、金村投手(富士大)、仲地投手(沖縄大)、小孫投手(鷺宮製作所)とのこと!

【中日】立浪監督ドラフトへ「1位は投手でいきたい」1番人気は東芝の吉村と予想、他に小孫、金村、仲地の名前挙げる(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

ーーー

 

P.S. 今回、候補選手の総評等は以下の雑誌、サイト、ブログを参考にさせていただきました。

文章全体

・野球太郎 NO.044 (竹書房)

ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価

ドラフト・レポート

 

中日ドラゴンズ/ドラフト2022|ドラフト・レポート

中日・ドラフト指名予想2022・ドラゴンズ編~獲得候補選手一覧 | プロ野球速報~89オンライン

 

(選手名/敬称略)

・(5人衆) 中日・ドラフト1位候補は中大の森下翔太外野手ら5選手 立浪監督「将来のバランスも考え…」指名へ:中日スポーツ・東京中日スポーツ

【中日】立浪監督16日から関東地区のドラフト候補視察 1位指名に新たな候補も(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

立浪和義監督 ドラフト1位競合辞さず 抽選は「避けたいけどあまり関係ないですね」【中日】:中日スポーツ・東京中日スポーツ

・(上位候補) ドラフト候補についてお話するぞ!放送(書き起こし)|南慈英|note

・(吉村) 東芝・吉村貢司郎は本格派右腕! 打者の目線をかき乱す“縦に落下する”カーブの凄み(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

・(内藤) 【中日】立浪監督ドラフト戦力補強へ本格始動 日本航空石川・内藤鵬は「将来すごくなる可能性」 - プロ野球 : 日刊スポーツ

・(森下) 【中日】ドラフト上位候補にアマ屈指の大砲、中大・森下に立浪監督が視察で高評価:中日スポーツ・東京中日スポーツ

・(吉野・長谷部) 立浪竜ドラフト注目選手 社会人野球の名門・トヨタ自動車が誇る左右の二枚看板に吉見一起氏が直撃(CBCテレビ) - Yahoo!ニュース

(小孫)

【中日】立浪監督16日から関東地区のドラフト候補視察 1位指名に新たな候補も(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【中日】立浪和義監督「まさに即戦力」鷺宮製作所の小孫竜二投手に熱視線!3者連続三振の圧巻の投球見せる:中日スポーツ・東京中日スポーツ

・(安西) 安西 叶翔(常葉大菊川)|ドラフト・レポート

・(甲子園総評) 中日スカウトが甲子園出場選手を総括、高松商・浅野翔吾選手、鳴門・前田一輝選手、大阪桐蔭・松尾汐恩捕手など評価 | ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

(山浅)

野球人生最大の挫折を乗り越え、聖光学院・山浅龍之介が目指す世代ナンバーワン捕手の座|高校野球他|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

プロ野球スカウトは微妙な返事「あぁ、いいですねぇ」でも…現地記者が明かす、甲子園“誰も書かなかった”隠れた逸材4人《野手編》 - ドラフト会議 | 高校野球 - Number Web - ナンバー

・(長谷部) 即戦力?伸びしろ?今秋ドラフトの注目選手5人(社会人・投手編)|プロ野球ドラフト会議2022 | ベースボールチャンネル

・(水口) 京大・水口は支配下のみ希望 「近田監督とも話して自分で考えて決めました」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

・(茶野) 公務員も考えた大学生が卒業半年でNPB注目に 人生が激変した23歳茶野篤政という原石 | THE ANSWER

 

・(若狭アナ滝行) 若狭アナ滝行祈願に風雲急を告げる3つの不安! ドラゴンズ1位指名は即戦力投手?それとも強打の内野手? | ドラの巻【昇竜復活へ!CBC中日ドラゴンズ情報】

 

また、各所で行われた仮想ドラフトの指名選手も参考にさせていてだきました。有識者の方のスペースやnoteでの解説がとても分かりやすく、見ていて聴いていてとても楽しかったです!今後も参考にさせていただきますヽ(*'▽'*)ノ